リンク先のファイルの拡張子によって、表示アイコンを自動で変える方法

CSS

リンク先がHTMLページではなく、何かのファイル(word・Excel・pdfなど)の時はそれを示すアイコンを表示することが多いかと思います。

その際に、ひとつずつclassを指定して表示させる方法もありますが、CSSの属性セレクタを使用すると classをひとつずつ指定しなくても済みます。

例えばPDFへのリンクテキスト右側にアイコンを表示する場合は

a[href $='.pdf'] {
padding-right: 10px;/* アイコン画像の大きさに合わせて調整 */
background: url(アイコン画像) no-repeat center right;
}

と指定します。

注意点

属性セレクタに対応していないブラウザ(IE6など)では使用できません。その場合はひとつずつclassを指定していくか、javascriptを使って 実装します。