ie7.jsのバグ

Javascript

IE6以下でもIE7と同じようなXHTM/CSSの解釈を行ってくれるie7.js

これだけ聞くととても便利そうですが、バグがあったりしてなかなか思い通りにいかないこともあります

以下が自分が使用してみて、見つけたバグです。

  • 透過したpngを指定しているimg要素にpaddingを指定すると画像の大きさがおかしくなる
  • 透過画像を背景に引いてリピート指定しても画像がリピートされない

画像の大きさがおかしくなる

透過したpngをHTML上にimgで配置したとき、そのimgにpaddingを指定すると画像がHTMLのheightを元の画像サイズ以上に 大きくした感じで伸びてしまいます。これを回避するにはimgにpaddingを指定しないことです。

画像がリピートされない

こちらはHTMLではなくCSSで背景に指定した場合。repeat等を指定しても全てno-repeat/topの指定のような 配置になります。回避策は透過をするようなリピートする画像を使わないことです。ですので、これはバージョンアップで 治ってくれることを期待したいです。

上記に上げた以外にもまだまだあるみたいですが、png周り以外だとCSSの指定がいろいろできるように なっているので、こちらは便利だと思います。

記事を書いた時点ではversion: 2.0 beta 3のでしたが現在はもっとversionが上がっているようです。また検索してもあまり情報が載っているところが少ないので、メジャーではないのかなと思った次第ですが自分的に一番使いたい透過pngにバグがあるのが痛いです。

関連ページ