1. TOPページに戻る
  2. Javascript
  3. コンテンツが下からスクロールで表示されるjQueryプラグイン

コンテンツが下からスクロールで表示されるjQueryプラグイン

前にどこかのFlashサイトで見てこの仕組みJavaScriptで出来ないかなと思い作ってみました。

プラグインとしての出来はどうかと言うのがありますが、ひとまず公開してみたいと思います。

デモ

タイトルだけだといまいち分かりづらいと思うので作ったデモを御覧ください。

HTMLの中のclass="section"ごとに下からズズッと表示される感じです。

コンテンツがウインドウサイズより長くても大丈夫

一つのコンテンツがウインドウサイズより長くてもスクロールで見れるようにしたかったのでそのようになっています。内容量を気にしません。

コンテンツ量が少ないとウインドウ幅いっぱいに要素が広がるようになっています。

実行方法

以下のように実行します。

$('#wrap').scrollContent();

#wrapの箇所をスクロール表示したい親要素を指定します。

スクロールバーを非表示にしたい

前途の理由で移動の際にもスクロールバーが出ます。このスクロールバーがない方がいい時は以下のように実行します。

$('#wrap').scrollContent({
type:'noBar'
});

ナビゲーションのclass(id)を変えたい

ナビにつかうclassを変えたい時もあるかなと思い、オプションでナビゲーションのclass(id)を変更できます。指定しないと.navが適用されます。

$('#wrap').scrollContent({
nav:'.nav'
});

必要かどうかわからなかったですが、一応。

ソース

HTML

<div id="wrap"></div>
<ul class="nav">
<li><a href="#c1">1</a></li>
<li><a href="#c2">2</a></li>
<li><a href="#c3">3</a></li>
~コンテンツ分用意~
</ul>
<div id="c1" class="section">
内容
</div>
<div id="c2" class="section">
内容
</div>
<div id="c3" class="section">
内容
</div>
</div>

sectionのidとnavのaタグのhrefを合しています。

CSS

重要な箇所だけ書くと以下になります。

html,
body,
#wrap {
width: 100%;
min-height: 100%;
}
.section {
width: 100%;
min-height: 100%;
}

ここでどんなに内容量がなくてもウインドウ一杯のサイズにしています。

Javascript

(function($){
$.fn.scrollContent = function(options){
var defaults = {
nav: '.nav'
};
var setting = $.extend( defaults, options );
var scrollContentBox = $(this).children('.section');//スクロールさせたい要素
var firstBox = $(this).children('#c1');//スクロールさせたい最初の要素のid
var navBox = $(setting.nav);//ナビゲーションのclass or id
var navBoxLink = (setting.nav + ' a');//ナビゲーションのリンク
//スライドの位置指定
scrollContentBox.css({
'display': 'none',
'position': 'absolute',
'top': $('#c1').height()
});
firstBox.css({
'display': 'block',
'top': 0
});
//スクロールバー無しの場合
if(setting.type == 'noBar'){
$('body').css('overflow','hidden')
}
//最初に表示しているコンテンツのidを取得してナビゲーションのカレントを作成
var showC;
function showSelect(){
scrollContentBox.each(function() {
if($(this).is(':visible')){
showC = '#' + $(this).attr('id');
navBox.find('a[href ~= ' + showC +']').parent().addClass('current');
navBox.find('a[href ~= ' + showC +']').contents().unwrap();
}
});
};
showSelect();
var prevContent = showC;//表示してるコンテンツ
var viewContent = showC;//スライド後に見えてるコンテンツid
var beforeNav = 1;//スライドする前に表示されてるコンテンツid
//ナビをクリックした時の処理
$('body').on('click', navBoxLink, function() {
//aタグの生成
navBox.find('li:nth-child('+ beforeNav +')').removeClass('current').contents().wrap('<a href="#c'+ beforeNav +'">');
//何番目のliが押されたか
beforeNav = $(this).parent().index() + 1;
//classの付与
$(this).parent().addClass('current');
//aタグの削除
$(this).contents().unwrap();
//コンテンツの表示
var cId = $(this).attr('href');
viewContent = cId;
$(viewContent).css('display', 'block');
//各々の高さ取得
var wHeight = $(window).height();
var nowContentHeight = $(prevContent).height();
var wScroll = wHeight;
if(wHeight < nowContentHeight){
wScroll = nowContentHeight;
}
//コンテンツのスクロール
$('html,body').delay(500).animate({
scrollTop : $(prevContent).height()
}, 'slow',function(){
$(prevContent).delay(500).css({
'display': 'none'
});
scrollContentBox.css({
'top': $(viewContent).height()
});
$(viewContent).css('top', 0);
$('html,body').animate({
scrollTop : 0
},0);
}).promise().done(function () {
prevContent = viewContent;
});
return false;
});
//ウインドウサイズが変わった時
$(window).resize(function() {
scrollContentBox.css('top', $(viewContent).height());
$(viewContent).css('top','0');
});
};
})(jQuery);
$(function(){
$('#wrap').scrollContent({
//type:'noBar',//スクロールバーをなくしたい場合
//nav: '.nav'//ナビゲーションのclass(id)を変更する場合
});
});

次は下だけでなくて左右に動くのも作ってみたいですね。