Dropboxでファイルが消えてしまった時の対処法

ツール

ファイル共有できるオンラインストレージサービスのDropbox。同じファイルを持ち歩かなくても、あちこちで作業できてとても便利なサービスです。 ただ利用していたときにファイルが消えてしまって焦ったので、回復法のメモです。

また、Dropboxがどういうサービスかは以下に詳しく書いてあります。

使っているとたまに、ファイルが消えてしまう事があります。自分の感覚だと、特にDropboxに入ってるファイルを触っている時に何かによってエラーが出ると、消えてしまう感じです。

そのファイルを開いていて、保存し直せば済むのならまだ大丈夫ですが、ファイルを開いていなくて消えてしまったときはすごく冷や汗をかきました。

元に戻す方法

元に戻す方法を調べた所、DropboxのWebページにアクセスすると戻せます。

エクスプローラーからだと以下よりアクセスできます。

そしてDropboxのWebページに到着

そして消してしまったファイルの場所まで移動します。

ファイルの右端の矢印をクリックすると、選択肢が出てきますので、Undeleteを選択すると復活します。
もし消したファイル(薄いグレーの文字)が表示されていないときは、File Nameの上のメニュー「show delete files」を選択します。そうすると消したファイルがで出てきます。

また、他にも間違って保存してしまった場合でも過去のデータに戻してくれる機能もあるので便利です。

ただ検索してみるとそれでも元に戻らない状況などもあるみたいなので、バックアップは忘れずにとっておきたいです。